出願前にチェックしていただきたい3つのポイント

あなたは、大学進学の志望先として、なぜ心理学部を選んだのでしょうか?

  • 心理学は面白そうだから?
  • 「心」に興味があるから?
  • 自分や他の人の悩みをなんとかしたいから?

いろいろな動機があることでしょう。 けれども、少し落ち着いて考えてみて下さい。

  • あなたが思っている「心理学」と、心理学部で教えていることが違っていたら?
  • あなたが思っている「心」と、心理学で扱う「心」とが違っていたら?
  • 心理学を学んでも、すぐにあなたや他の人の悩みが解決するわけではないとしたら?

出願の前に、次の3つのポイントについて、ぜひ確認していただきたいのです。

ポイント1:「大学で学ぶ心理学」を知る

心理学部の教育内容は、あなたが学びたいことと一致していますか?

心理学部の入試に、心理学の専門知識は必要ありません。しかし、入学後に学ぶ心理学の概要については、的確に理解しておく必要があります。「大学で学ぶ心理学」を誤解したまま心理学部に入学してしまうと、授業に興味が持てず学業不振に陥ってしまうなど、困ったことになりかねないからです。

ポイント2:「学びの進め方と目標」を知る

心理学部が養成する人材像は、あなたの将来の目標と一致していますか?

あなたは、将来どのように生きて行こうと考えていますか。そして、そのようなあなたの将来にとって、心理学部での学びはどのように役立つでしょうか?

将来を見据えて進学先を選択するために、心理学部では、どのような目標で人材を養成し、そのためにどのような授業を行っているのか、調べましょう。

ポイント3:心理学を学ぶために必要な準備をする

大学で心理学を学ぶために、どのような準備や努力が必要でしょうか?

重要なのに忘れがちなのは、「心理学の学びが、あなたに何を求めるか」についても調べておくことです。心理学を学んで行く上で必要な条件を、あなたは充たしているでしょうか? もし全ては充たしていないとすれば、心理学を学ぶために、どのような準備や努力が必要でしょうか? 心理学部が入学者として受け入れる人に求める条件を、「心理学部のアドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)」と呼んでいます。

ポイント1について:「大学で学ぶ心理学」の実際を的確に理解するために

  • 心理学を学べば、他人の心が読めるようになる
  • 心理学とは、人間の身体に宿る「心」についての探究である
  • 心理学を学ぶと、自分の性格を直したり、悩みを解決することができる
  • 心理学を利用すれば、他の人を思うままに操れる
  • カウンセリングとは、悩みを聞いてあげたり、相談に乗ってあげることだ

これらは、すべて心理学という学問についての誤解です。こういった誤解を解き、確信を持って出願いただくために、ぜひお読みいただきたい本が2冊あります。

読んでいただきたい本

心理学への扉

心理学への扉 —心理学で拓くあなたの未来—

オープンキャンパス個別相談会場にて贈呈!

心理学部の全教員が執筆した心理学の入門書『心理学への扉』を、 オープンキャンパスに来場されアンケートにお答えいただいた方に贈呈しています。心理学のいろいろな領域についてのQ&A形式のわかりやすい説明や、授業科目の紹介に加え、入試への準備についてのアドバイスも掲載しています。

心理学に興味を持ったあなたへ

心理学に興味を持ったあなたへ —大学で学ぶ心理学—【改訂版】

全国書店、ウェブにて発売中!

高校生のみなさんが、予備知識なしでも読めるよう、専門用語を使わずに「大学で学ぶ、学問としての心理学」について解説した専門書です。心理学部の授業内容や4年間の学びの過程、心理学を活かした職業に就くための準備などについても詳しく述べていますので、進路決定に先立って、ぜひお読み下さい。(2016年6月刊行)
価格:¥1,620(税込)  出版社:学研プラス